群馬大学

  • JAPANESE
  • ENGLISH

群馬大学 未来医療研究人材養成拠点形成事業 地域オープンイノベーションR&D人材養成

群馬国際医療イノベーションフォーラム

以下のように「群馬大学未来医療人材養成拠点形成事業 国際シンポジウム」が開催されました。

未来医療研究人材養成拠点形成事業

第1回群馬大学地域オープンイノベーションR&D人材養成事業国際シンポジウム

日 時:2014年3月11日木曜日 9:30~12:50(受付9:00~)

対 象:大学関係者、行政関係者、企業関係者、研究者、学生等

会 場:〒371-0022 群馬県前橋市千代田町2-5-1 前橋テルサ8F けやきの間

言 語:英語

参加費:無料

参加登録:事前登録

 

【プログラム概要】

ご挨拶 群馬大学長 高田 邦昭

シンポジウムⅠ「群馬のオープンイノベーション 群馬大学における現状と将来への展望」

<座長> 小山 徹也(群馬大学大学院医学系研究科 病理診断学)

Ⅰ-① 「群馬大学における医療イノベーションへの挑戦」

群馬大学大学院医学系研究科長 和泉 孝志 

Ⅰ-② 「地域オープンイノベーション事業計画」

群馬大学医学系研究科 病態腫瘍薬理学教授 西山 正彦

Ⅰ-③ 「革新的ながん治療総合特区としての群馬県」

群馬県産業経済部産業政策課先端医療産業室長 大澤 伸一郎

シンポジウムⅡ(招待講演)

「コラボレーションへ向けて~ベルギー王国ワロン地域における医療イノベーション活動の紹介~」

<座長> 石崎 泰樹(群馬大学医学系研究科 分子細胞生物学)

Ⅱ-① 「バイオ・イノベーションの世界的拠点としてのワロン地区」

クレール・ギースレン

ベルギー王国ワロン地域政府 貿易・外国投資振興庁(AWEX)日本代表

Ⅱ-② 「画期的ながん分子標的薬開発のための革新的プロテオミックス戦略」

ビンセンゾ・カストロノボ

GIGA研究所がんセンター所長、リエージュ大学医学部教授

Ⅱ-③ 「新規有効治療法開発に必須となる大腸がん肝転移のプロテオミック不均一性の把握」

アンドレイ・ツルトイ

GIGA研究所がんセンター研究員、リエージュ大学医学部

パネルディスカッション

<座長> 和泉 孝志,西山 正彦

<パネリスト> クレール・ギースレン,ビンセンゾ・カストロノボ,アンドレイ・ツルトイ,白尾 智明

【参加登録方法】

定  員:100名

参加費:無料

申込期限:2014年3月4日

(申し込みは締め切らせて頂きました)

PAGE TOP